*

フライト中はどんな格好が正解?セレブから学ぶラクおしゃ機内コーデ特集

   

GWや夏休みとそろそろ旅行に出かける機会が増え、飛行機を利用することも多くなってくる時期。
仕事などでしょっちゅう利用するなんて人もいるだろうが、飛行機を乗る機会なんて年に数回程度の方の方が多いだろう。
そんな非日常的な飛行機に乗っている間の時間だって、旅の楽しみの一つである。

しかしフライト中の着こなしって普段乗り慣れてないからこそ迷ったりするものだ。
ずっと座りっぱなしの機内は動きにくい格好だと疲れてしまうからラフな着こなしを…と思うが、せっかくの旅行はどんなシーンだっておしゃれでいたいはず。

今回はそんな悩みがちな機内コーデをセレブの機内コーデを参考に紹介していこうと思う。
また私が飛行機に乗った際に、この格好で行って良かった、もしくはこの格好はNGだったという実体験も紹介しようと思う。

 

スポンサーリンク

 

フライト中だっておしゃれでいたい!セレブから学ぶ機内コーデ

ストリートムードなジジ・ハディットはデザイントップスがポイント

非常にリラックス感の溢れるストリートコーデは、トレンドらしさもあって機内でくつろぐ格好にぴったり。
スーパーモデルのジジ・ハディットも機内ではスウェットトップスにラインパンツと非常にラフでスポーティーな着こなし。
トップスはメッシュの切り替えがポイントのデザインスウェットを選ぶことで、野暮ったく見えないスタイリッシュな機内コーデに仕上がっている。

 


3.1 Phillip Lim – レイヤードパーカー – women – コットン – XS
価格 49280円

 


3.1 Phillip Lim – レイヤードパーカー – women – コットン – S
価格 44679円

ジジ・ハディットのような今っぽいストリートルックで機内をラクおしゃに過ごすなら、3.1 Phillip Limのレイヤードパーカーのセットアップがおすすめ。
ストライプのシャツをレイヤードしたかのような女性らしいデザインで、カジュアルすぎないコーデに。

 


Kenzo – オーバーサイズパーカー – women – コットン – S
価格 39000円

 


Y-3 – サイドストライプ トラックパンツ – women – コットン/ポリエステル – S
価格 39500円

ブロックカラーと大胆な袖のロゴが目を引くKENZOのオーバーサイズパーカーもおすすめだ。
一緒に合わせるなら、Y-3のサイドストライプトラックパンツをONして、モノトーンのシックな着こなしに仕上げてみるのが◎。

エフォートレスシックなジェシカ・アルバはゆったりシルエットのシンプルアイテムをON

大人の女性なら機内だってシックに、だけど頑張りすぎていないエフォートレスな着こなしがぴったり。
女優のジェシカ・アルバもシンプルなセットアップでエフォートレスシックに決まっている。
全体的にゆったりとしたシルエットのアイテムを選ぶことで、抜け感があり着心地も抜群な機内コーデに。
デザイン性のある小物をプラスするとよりこなれ感のある大人なスタイリングが完成する。

 


DKNY – クロップドパンツ – women – コットン/ナイロン/スパンデックス/トリアセテート – L
価格 24994円

 


Guild Prime – ショールカラー ロングカーディガン – women – コットン/レーヨン – 34
価格 15120円

エフォートレスシックな大人機内コーデにはDKNYのクロップドパンツでモードな抜け感を。
Guild Primeのロングカーディガンでボトムとセットアップ風に着こせば、まとまりのある垢抜け機内コーデに仕上がる。

 

ファビュラスチックなミランダ・カーはフラワープリントのオールインワンで華やかに

シンプルな機内コーデもいいけど、せっかく遠い場所に現実逃避をするのだから、機内でだってテンションを上げたいという方もいるはず。
そんな方はミランダ・カーのようにフラワープリントのオールインワンでファビュラスルックに仕上げるのが正解。
オールインワンなら1枚でコーデが完成するので、機内だけでなく旅先でも活躍するに間違いない。
身体のラインにフィットするアイテムよりかは、パンツがフレアやテーパードになったゆとりのあるオールインワンの方がフライト中でも疲れにくいのでおすすめ。

 


Sonia By Sonia Rykiel – フローラル柄ジャンプスーツ – women – ビスコース – 36
価格 51764円

機内コーデをオールインワンでラクおしゃに過ごすなら、Sonia By Sonia Rykielのフローラル柄ジャンプスーツを要チェック。
ブラックをバックにした細かなフラワープリントが上品なデザインで様々なシーンにも活躍しそう。

Diane Von Furstenberg – フローラル柄 ジャンプスーツ – women – シルク/ポリエステル/トリアセテート – 6
価格 66393円

Dian Von Furstenbergのオールインワンも旅行に便利な1枚。
キモノ風に仕上がったシルエットと大きくプリントされたフラワープリンちがオリエンタルなムードで、リゾート地などへの旅先にもぴったり。

 

フェミニンスタイルのキャンディス・スワンポールはロングフレアスカートでリラックス感を

女性らしくフェミニンなムード漂うフレアスカートは気を使わないから、意外にも機内コーデにぴったりのアイテム。
モデルで一児の母であるキャンディス・スワンポールも機内では細かな花柄が特徴的なロングフレアスカートでロマンティックな着こなしに。
トップスはコンパクトなサイズ感でもロングフレアスカートを合わせることで、機内コーデもキレイ目に決めつつ、開放感のある快適な着心地で過ごせる。

 

Tory Burch – カットアウトスカート – women – コットン – 16
価格 46523円

機内コーデにロングフレアスカートを合わせるなら、Tory Burchのカットアウトスカート。
ふんわりとした動きのあるシルエットにサークルの刺繍レースが爽やかな印象で、機内でもエレガントに決まる1枚。

 


Theory – Bitrah ロングスカート – women – シルク – 8
価格 75007円

Theoryのロングスカートもおすすめ。
軽やかでフレキシブルな風合いは着疲れしにくく、長時間のフライトでも安心。

 

筆者が経験…機内の正解コーデとNGコーデ

開放感もトレンド感もあるワイドパンツはエコノミーにGOOD

他にも私が実際に機内で着たものでおすすめするのはワイドパンツ。
今年も継続してトレンドアイテムとして注目されているワイドパンツだが、フレアのシルエットが脚に優しく、長時間のエコノミーのフライトでも不快感を全く感じなかった。
またワイドパンツなら、旅先が温暖なリゾート地でも、ビルが立ち並ぶ都会の地でもコーデに馴染むから到着日も安心。
ワイドパンツを機内コーデに取り入れるなら、さらっと軽い生地にウエストがゴムになっているアイテムを選ぶとより快適なフライトを楽しめるはず。

 

普段履き慣れているレギンスは気圧のせいか足がパンパンになってNG

私は普段、長めのTシャツにレギンスなどの着こなしが多く、履き慣れているレギンスを何本も持っていて、機内でも履き慣れているレギンスならラクだろうと思い、1度7時間のフライトのときに履いたことがある。
レギンスと聞けば伸縮性があって動きやすく、機内にはぴったりのアイテムだ!と思いがちだが、それは大きな間違い。
気圧のせいだろうか、フライト中はずっと脚に圧迫感を感じ、目的地に着いた頃には脚がパンパンに浮腫んでいたなんて経験がある。
いくら普段履いているからって、脚を締め付けるレギンスは血行が悪くなりやすく、さらに空の上で気圧が変化し身体が圧迫されるので、余計に浮腫みやすくなるのだ…。
普段履いていて楽チンだと感じるアイテムでも、空の上では状況が変わるので、服選びには注意が必要だ。

 

旅を最大限に楽しむなら機内の中ではストレスフリーなおしゃれを!

せっかくの旅行、機内の中だっておしゃれな着こなしをしたいのが女子の理想。
しかし着心地が悪かったり、不快感があるとストレスが溜まってテンションも下がってしまう…。
そんな機内コーデはセレブのラクおしゃな着こなしを参考にして、旅を最大限に楽しんで!

 - CEREB, ITEM