*

フェスやビーチの春夏イベントに!2017年の#coachellaから学ぶイベントコーデ特集

   

まだ暖かくなったばかりの季節ですが、そろそろフェスやビーチ、夏祭りなど…これからどんどん増えていく、春夏のイベントシーンを意識し始める方も多いのではないだろうか?
私も夏のイベントに向けて、そろそろ夏物を買い揃えていきたいなあ〜なんて、ネットでいろんなブランドのウェブストアをチェックしている日々である。

そんなこれからの春夏イベントで参考にすべきなのがコーチェラコーデなのだ。

 

スポンサーリンク

 

最近SNSでよく見かける…コーチェラ(coachella)ってそもそも何?

コーチェラと聞いて、”?”と思った方もいれば、SNSなんかをよく利用する方は最近良く見かけるなんて方もいるだろう。
しかし日本人に馴染みのないコーチェラ…知らないという方がほとんどではないだろうか。

コーチェラ=coachellaとは、アメリカのカリフォルニア州にある砂漠地帯、コーチェラ・ヴァレーで毎年2週に渡って行われている大規模な野外音楽祭のことを言う。(日本でいうフジロックフェスティバルみたいなもの)
今年は4/14〜16、4/21〜23に開催され、毎年セレブも訪れるというフェスともあって、SNSでかなり盛り上がっていた。

✌️Coachella

xoxo, Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 –

セレブも訪れるほど人気の秘密の1つは出演者の豪華さだ。
今年はレディーガガ、ケンドリック・ラマー、レディオヘッドという超ビッグなアーティストがヘッドライナーとして出演し、音楽好きにはたまらない内容になっていた。

そんなアメリカで最もホットなフェスは、見に来ている人たちもファッション感度の高いハイセンスな人ばかり!
今回は、#coachellaで見かけた春夏イベントでぜひ真似したいコーチェラコーデを紹介していこうと思う。

 

これから増えるフェスやイベントに!#coachellaから学ぶ春夏のイベントコーデ

1枚で楽に決まるワンピースはカラフルなデザインで主役に

やはり#coachellaで多く見かけたのが、さらっと1枚でコーデが決まるワンピーススタイル。
シンプルなデザインのワンピースを着こなしている人も多いが、色鮮やかでパッと明るいカラフルなワンピースを取り入れているスタイリングが目を引いた。

こちらのワンピースもピンクをベースにモノトーンカラーも混ざっていて、フェスやイベントごとにぴったりな華やかなデザインだが、子供っぽく見えない印象。
よく見ると、生地がレースに切り替わっていて、肌がほんのり透けるように細かいディティールが施されているのもポイントだ。
合わせているヘッドアクセやバングルなど小物にもこだわりを見せつつ、じゃらじゃらと派手にしすぎないように、あくまで主役はワンピースでバランスもGOOD。

 

フェスやイベントに…おすすめなワンピースはこれ↓


Marc Jacobs – フローラル柄 ワンピース – women – コットン/スパンデックス – 6
価格 53812円

今年の春夏イベントはワンピースで女性らしく華やかに決めるなら、Marc Jacobsのワンピースがおすすめ。
細やかで色彩豊かなフローラル柄がこれ1枚で春夏のイベントコーデをゴージャスに仕上げてくれる。足元は少し辛めのショートブーツでエッジを効かせるとよりハイセンスに仕上がる。

 

Tシャツ×ショーパンのお決まりスタイルも小物使いで格上げ

ワンピース以外にも多かったのが、Tシャツ×ショートパンツのラフなカジュアルスタイル。
しかし、ただ単にTシャツ×ショートパンツで仕上げるのではなく、小物使いでスタイリングにメリハリをつけている人が目立った。

こちらのコーデも、Tシャツとショートパンツのプレーンなスタイリングに、ミリタリー帽と網タイツなどで変化をつけて、垢抜けた印象に仕上がっている。
フェスやイベントごとなどでもシンプルかつ特別感のあるスタイリングに決めたい方は、小物使いでワンランクアップさせてみるのもアリ。

 

フェスやイベントに…おすすめな小物はこれ↓

Dsquared2 – ミリタリー キャップ – women – コットン/ポリアミド/ウール – S
価格 42523円

フェスやイベントなどで使えるのが、Dsquared2のミリタリー帽。
コーデに取り入れるだけで今っぽくストリートに仕上げてくれる。落ち着いたカラーリングなので、イベントごと以外のシーンでも使い回しできそう。

 

 


Off-White – ラインディテール 靴下 – women – コットン/ナイロン/ポリエステル/スパンデックス – ワンサイズ
価格 11880円

帽子以外にも、タイツやソックスなどで足元にもアクセントをプラスするのがおすすめ。
そこでチェックして欲しいのが、Off-Whiteのラインソックス。スニーカーやスポサン、ショートブーツと合わせて、ちょっぴりルーズに履くとトレンドっぽい。

イベントシーンも大人に決めたいときはブラックでシックに締める

フェスやイベントごとは好きだけど、そんなときでも大人っぽく落ち着いたスタイリングで楽しみたいという女性もいるはず。

そんななか見つけたのは、ブラックのアイテムを基調としたこちらのフェスコーデ。
大胆な肌見せで春夏のイベントらしいスタイリングに決まっているが、ブラックのトップスとルーズに着崩したカーディガンがシックに大人っぽく決まっている。
ブラックアイテムは今からの季節に取り入れると少し重たい雰囲気に仕上がってしまうが、透け感のあるアイテムを選ぶことで爽やかかつ、さりげなく色っぽさを感じさせるスタリングが完成する。
ボトム選びもショートパンツやスカートなどを選んで、下半身で抜け感を出すのがマスト。

 

フェスやイベントに…おすすめなブラックアイテムはこれ↓


Versus – ライオンヘッド ボディスーツ – women – ナイロン/スパンデックス/ビスコース – 46
価格 28623円

フェスやイベントごとでもシックに決めるなら、Versusのボディスーツがおすすめ。
ボディスーツのコンパクトなシルエットはより大人っぽくセンシュアルにコーデを仕上げてくれる。またサイドに切り込みが入っているので、重すぎない印象に。

 


Elizabeth And James – フロントタイ カーディガン – women – ポリアミド/ビスコース – L
価格 55476円

Elizabeth And Jamesのカーディガンもフェスやイベントシーンをシックに決めてくれる1枚。
ゆったりとしたシルエットとシアー感のある素材が上品な着こなしに完成。取り入れるときは、あえてはだけたように着崩すと今っぽく仕上がる。

トレンドのメッシュアイテムでスポーティーモードに決める

イベントごとのシーンでも周りと差をつけるなら、トレンドアイテムを意識的に取り入れてスタイリッシュに決めるのがマスト。

こちらのコーデも、トレンドのメッシュアイテムを取り入れたスポーティーモードな着こなしが洗練された雰囲気に。
メッシュトップス以外はフェスではお決まりのアイテムなのに、トレンドを1点取り入れるだけで格が上がる。
またトレンドアイテムのなかでもメッシュアイテムなら、涼しげな季節感のあるムードを楽しみながら遊び心もある着こなしが完成するので、いつもより目立ちたいフェスやイベントシーンにぴったり。

 

フェスやイベントに…おすすめなメッシュアイテムはこれ↓


McQ Alexander McQueen – メッシュ ワンピース – women – コットン/ポリエステル – L価格 31272円

メッシュアイテムを取り入れるなら、Mcq Alexander McQueenのメッシュワンピースを要チェック。
袖と裾部分がメッシュ地になっているデザインで、1枚で今年らしいコーデに。レザーのチョーカーや厚底サンダルなどハードな小物を合わせてロックに着こなすのもおすすめ。



No21 – メッシュスカート – women – コットン/ポリエステル – 40
価格 22212円

Nº21のメッシュスカートもおすすめの1枚。
総メッシュでシンプルに仕上がったスカートは中に合わせるアイテムで表情が変わる。フェスやイベントごとなら、デニムショーパンでカジュアルに仕上げても、レギンスでちょっぴりフェミニンに見せるのも良い。

 

コーチェラコーデを参考に今年の春夏イベントを盛り上げて

コーチェラでの着こなしは、海外でも春夏のイベントシーンのコーデの参考にされることも多く、トレンド発信のイベントとして毎年ファッショニスタからも注目されている。
今年の春夏イベントをおしゃれに楽しみたいのであれば、今すぐ#coachellaをチェックして、スタイリッシュなコーチェラコーデを参考にしてみよう。

 - TREND