*

荷物多め女子に朗報!バッグはミニ→スーパービッグサイズが最新トレンドか

      2017/04/03

ここ最近、ミニマルなバッグをアクセサリーのように持つのが定番化してきている。
華奢でコンパクトなミニバッグは、カジュアルな着こなしでも高級感のある雰囲気を作れるし、なにより女性らしさをアピールしてくれる。
そんな定番化しつつあるミニバッグは、自分で好きな組み合わせのバッグを何個も持って重ね持ちするのが最新トレンドとなりそう。

しかし普段、携帯や財布はもちろん、化粧ポーチに鏡、手帳に筆記用具、携帯のバッテリー…など、荷物をたくさん持ち歩かないと落ち着かないなんて女子にとっては、ミニバッグがトレンドなんて地獄だろう。
私は荷物は少なくても大丈夫ではあるが、やはり十分荷物を入れれるバッグに比べるとミニバッグは不便と感じることは多い。
だからといってトレンドを無視するのは…と悩んでいた荷物多め女子にもついに朗報が!

なんと今年の春夏は、荷物多め女子でも大きすぎるほどなスーパービッグサイズバッグがトレンドの予感。

 

スポンサーリンク

 

春夏プレタポルテでも大活躍だったスーパービッグサイズバッグ

BALENCIAGA バレンシアガ

スーパービッグサイズバッグが注目され始めたきっかけはバレンシアガのコレクションではないだろうか。
今人気沸騰中のバザールバッグだが、一番大きいサイズのXLサイズは”何泊するの?”と言われそうなくらい、目を引く大きさ。
そのくらい大きい、いや大きすぎるんだけど、マルチカラーがポップでTシャツ×デニムのシンプルコーデでも映える可愛さ。街中で持っている人がいれば、きっと注目の的だろう。

 

LOEWE ロエベ

ロエベの春夏プレタポルテは、登場したバッグは全体的に大きめで女性に嬉しいデザインのアイテムが豊富だった。
とくに気になったのが、くたっと感とボリューミーなシルエットが印象的だったレザーのクラッチバッグ。
どこか気の抜けたような見た目なんだけど、コーデに抜け感を出してくれそう。
しかもサイズ感は大きいんだけど、荷物を入れてもラフな感じのシルエットは保ってくれそうで、使い勝手の良さとこだわりのシルエットは私も今季絶対手に入れたいアイテムの1つ。

 

CELINE セリーヌ

セリーヌの春夏プレタポルテでは、かなり縦に長いトートレザーが登場した。
無地であるものの、ゴールドのローブとサイドに施されたブラックレザーのベルトループが程よくポイントになっていている。
トートと聞くとかなりカジュアルな印象が強いが、エレガントなデザインに仕上がっていて、ドレッシーなアイテムともマッチしそう。

 

STELLA McCARTNEY ステラ マッカートニー

フィナーレの演出が話題になったステラ マッカートニーの春夏プラタポルテにも、ビッグシルエットなバッグが登場。
大きめのボタンディティールが特徴的な新作のポッパーシリーズで、ラージサイズのバケツバッグはナチュラルな仕上がりでヘビロテ間違いなしな1点だ。
ブラウスにワイドパンツとリュクスな着こなしにマッチしそだが、ドレープが美しいフェミニンなシャツワンピースなどに合わせてもよさそう。

 

GIVENCHY ジバンシー

ジバンシーの春夏プレタポルテでは、ブラックとレッドの妖しげなボーダー柄やパイソン柄のショルダーバッグが登場。
どれもボリューミーな大きさで、バッグだけでも十分インパクト大だった。
ショルダーバッグなので肩にかけて持ってもいいが、ショーみたく、ストラップを短く持っても可愛いだろう。

 

あなたはスーパービッグサイズバッグをどう取り入れる?

間違いなくコーデの主役となるスーパービッグサイズバッグは、シンプルなブラウス×デニム、シャツワンピースの着こなしを一気にトレンドらしく見せてくれるだろう。
1個だけで十分インパクトがあるから、気合いの入ったコーデをしなくても、”今日はちょっとおしゃれに力を抜きたい…”という日にぴったりだろう。
また、スーパービッグサイズバッグにお気に入りのミニバッグを巻きつけて、今年っぽくアレンジしてみるのもアリ。

とにかくスーパービッグサイズバッグを手に入れれば、無限にトレンドルックを楽しめるはずだ。

 

 - ITEM, TREND