*

注目のブランドが続々と!2017/2018秋冬プレタポルテ PFWで心に残ったランウェイ【part.2】

      2017/04/03

たくさんのワクワクとドキドキを私たちに届けてくれた2017/2018秋冬プレタポルテも無事閉幕…。

ああ、すみません…更新が長らく途切れてしまっておりましたが、実は海外に行っていました…。
ちょうどファッションウィークの最終時期と被ってしまい、旅行中に更新しようと思っておったのですが、やっぱりそんな時間もなく…我ながらホヤホヤのファッションウィークのレポートをお届けできないのがとても残念。
まあ、終わってしまったのはしょうがない。少し今更感もあるかとは思いますが、私なりに心に残ったランウェイのレポートを一気に更新していくので、ぜひチェックして欲しい。

 

スポンサーリンク

 

2017/2018秋冬プレタポルテ パリで心に残ったランウェイ

LOEWE ロエベ

猫をモチーフにしたペンダントや動物をかたどったミニバッグ、お花のカラーをモチーフにしたチェームなどが注目を浴びたロエベのコレクション。
とくにジョナサン・アンダーソンがディレクターを務めるロエベはモダンでいてどこか遊び心もあって、私も大好きだ。

そんなロエベの秋冬コレクションは、いつものモダンでシックな女性らしいドレスにチェックや市松模様、ドットなどを取り入れてロマンチックで華やかに仕上がっていた。
でもやっぱりブラックドレスにネック、袖口、フロントデザインに異素材のグリーンでメリハリをつけたルックや、イエローレザーの立体的なペプラムラインのトップスとブラウンレザーのボリューミーなアシメントリースカートのルックなど、ロエベらしいクールでいて女性らしいルックは心を惹かれる。

またロエベは小物も要チェックだ。
動物をかたどったお馴染みのミニバッグはもちろん、今回はロエベのロゴ入りの食パンがプリントされたハットやトートバッグがとても印象的で、遊び心のある小物がよりロエベのクールさを引き立てていた。

 

Off-White オフホワイト

最近、日本でも人気のオフホワイト。
ストリート好きの私も大好きなブランドなのだが、日本人の着るオフホワイトってダサくてほんと残念。
なんなんだろう、みんなとりあえずブランドのロゴが入ってるパーカー着とけば、今っぽいでしょ?みたいな感じは…それが余計ダサく見させていて本当に残念だ。てかあのパーカー自体は可愛いんだけど、オフホワイトを着ている日本人がヤンキーっぽくてとにかく残念。
って今どきの子たちが某ダンスグループに憧れてオフホワイト着ちゃえ!みたいな風習に不満を持っていることを語り始めるとキリがないし、多分炎上してしまうので…ここら辺にしておくことにしよう。

それはさておき、秋冬のオフホワイトは今までのストリートな印象をガラリと変えるとっても素敵なコレクションだった。
ファーストルックには、ショート丈のジャケットにスリットが大胆に入ったスカート、そしてスカートから覗くルーズシルエットのロングブーツの合わせで、全アイテムがチェック柄。続いてチェック柄のテーラードコートやベアトップドレスなど、チェック柄のルックが続いたが、どれも気品があってセクシー。
他にもドレープが美しいシフォンのドレスやレースディティールが美しいドレスなど、あら?脱ストリートか?と思いきや、パーカーが取り入れられていたり、ジャケットがショートだったり、パンツがダボっとしていたりと、どのルックにもやっぱりストリート感がさりげなく混ざっていてオフホワイトらしさは健在。

また、会場も木や枯葉がたくさん敷き詰められている不思議な空間で、その中をモデルが颯爽と歩いていくわけなのだが、すごくリアリティでとっても素敵だった。フィナーレは薄明るい会場が真っ暗になって、モデルが懐中電灯を照らしながら歩いていたのだが、ルックが全く見えないくらい真っ暗で…夜っぽく見せたかったのかな?でも少し明かりは必要だったかも?

 

Dior ディオール

春夏はフェミニズムをコレクションの中で表現していたマリア・グラツィア・キウリのディオール。

秋冬コレクションでは、深みのあるネイビーから、カジュアルなインディゴ、淡いブルーまでが登場し、さらには会場もブルー一色で、”ブルー”という言葉が心に残るコレクションだった。
フードがワークな印象のプルオーバーやポリエステル素材っぽいルックなど、前半はディオールにしては少し珍しいウェアラブルなルックが登場。でもやっぱりディオールの上品さはどことなく感じられて、どれもリアルに着たいと感じた。
中盤から、ディオールらしいフェミニンなチュールドレスやドラマチックなシアードレスなどが登場。やっぱりディオールのドレスは視線を奪うほど美しい。ディオールのドレスは、絶対に死ぬまでに着てみたい。
また登場したモデルは全員、ブラックのレザーベレー帽をかぶっていて、女性の強さをアピールしていた。今年の秋冬は、絶対にレザーのベレー帽を手に入れなきゃ。

 

ISSEI MIYAKE イッセイ ミヤケ

立体的なフォルムと独特なカラーのコントラスト、フューチャリスティックな世界観が特徴的なイッセイ ミヤケ。

そんなイッセイ ミヤケの秋冬も、やっぱりプリーツとうねうねっとした立体的なフォルムが印象的なコレクションだった。春夏と違ったのは、カラーリングはダークトーン。でも幻想的なコントラストがとってもアーティスティックで素敵。
とくにグラデーションが美しいハイネックのプルオーバーとうねうねっとした柄のパンツを合わせたルックや、グリーンとブラックのコントラストが不思議なパーカーとスカートのルックは今っぽいのに絶対に被らないだろう感満載で着てみたいと思った。
前半は、比較的リアルクローズとして楽しめるルックが続き、後半はイッセイ ミヤケらしい立体的なうねうねフォルムとプリーツのオンパレード。
絶対に街中で着れる機会なんて私にはあまりないんだけど、イッセイ ミヤケの近未来的な感じにはいつも惹かれちゃうんだよな…。

 

MUGLER ミュグレー

最近は今っぽいスポーティーなルックが目立っていたミュグレー。

しかし秋冬のミュグレーは、パワショルやウエストを絞ったラインなど80年代の全盛期のミュグレーを彷彿とさせるルックが登場。
肩が反り上がったジャケットやウエストを極限まで絞った逆三角形のシルエットトップ、ボディコンシャスなワンピースやタイトミニスカートなど、モデルが”ぶっ飛びー”と今にも叫びそうなほど日本で言うバブリーなルックのオンパレード。
でもなんだか懐かしい…で終わらせず、プリーツレザーを施してみたり、サイドラインや星型でポップに仕上げてみたり、アシンメトリーなヘムラインを描いてみたりと今っぽさをさりげなく取り入れて、モダンなバブリールックに仕上がっている。
ボディコンシャスなミニスカートにパワショルを合わせて…いつかはこんな格好で夜の街を繰り出してみたいものだ。

 

どんどん更新していきます!

まだまだPFWのレポートが溜まっておりますが、随時更新していく予定です!
バレンシアガやシャネル、ルイヴィトンなど話題となったコレクションはもちろん、私なりに気になったコレクションはどんどんレポートしていきます!
ぜひ、今後もチェックしてやってください!

 - COLLECTION