*

いよいよ本場の地へ!2017/2018秋冬プレタポルテ PFWで心に残ったランウェイ

      2017/04/03

いよいよ始まりましたね、PFW。
ファッションの本場とあって、絶対にチェックしたいブランドが勢ぞろいで大変だ。
しかしパリが終われば、この忙しい期間が終わってしまうのか…と思うと少し寂しい気もしたり…。
と言っても、秋冬が終わってもすぐにプレスプリングやリゾートコレクションが始まるのだが…あー1年は早い(笑)。
ということで、PFWも私なりに心に残ったランウェイをレポートしていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

2017/2018秋冬プレタポルテ パリで心に残ったランウェイ

SAINT LAURENT サンローラン

クリエイティブ・ディレクターに就任して2シーズン目になるアンソニー・ヴァカレロのサンローランのコレクション。
そんな注目のサンローランの秋冬は、ファーストルックにはサンローランらしいブラック1色のモードなルックが登場。しかしレザーのブラックのジャケットは肩にパッドが入っているような立体的なデザインで面白みがある。またルーズソックスのようなくしゅくしゅとしたボリュームブーツもかなりフォトジェニックだ。
ファーストルックに続き、ミニマルなドレスやパンツ、イブニングドレスも全部レザー。クールなんだけど、大きなラッフルディティールが所々に施されていて優雅に決まっている。そして足元は、やっぱりあのくしゅくしゅのボリュームブーツ。次の秋冬のマストバイアイテムになりそうだ。

 

DRIES VAN NOTEN ドリス ヴァン ノッテン

なんと今回で100回目のショーを迎えるドリス ヴァン ノッテンは、客席が全部フロントローと粋な計らい。招待された人みんなうらやま〜。
そんなドリス ヴァン ノッテンの秋冬は、カラフルなカラーパレットと花柄×幾何学柄、機能的なキルティング地、スパークルなメタリック、ファーディティール…とウキウキさせるルックが豊富。
とくにスイートなサーモンピンクとバラをベースに上から幾何学柄がプリントされているワンピースはかなり新鮮で素敵だった…欲しい。あとは動くたびに眩しいくらい輝くメタリックのクロップドパンツも魅力的だった。
ショーのフィナーレは、各ランウェイにモデルたちが横並びに一斉にウォーキング。迫力と華やかさで満腹になるショーだった。

 

ROCHAS ロシャス

私がショーを楽しみにしていたブランドの1つがロシャス。毎回スイートでロマンチックなコレクションに、心の奥底に眠っている乙女心を沸き立たせ、女子だったことを思い出させてくれる…(笑)。
そんなロシャスの秋冬は、ファーストルックにペールピンク1色の乙女なワンピースが登場。ソックスもピンクでなんとも可愛らしすぎるルック。手元にはロシャスの”R”の頭文字のかなりコンパクトなミニバッグを合わせ、上品でポエティックにまとまっていた。
他にも、”R”の頭文字がアクセントのトップスにクロップドパンツもペールピンク1色だったり、エレガントなオレンジカラーのワンピースは胸元にフリルがあしらわれていたり、シフォン素材の透け透けなワンピースなどやっぱりロシャスはフェミニン全開で乙女心を刺激してくる。
しかし、最後の方では全面きらびやかなゴールドのフリンジドレスや総レースのセクシーなタイトドレスが登場。大人で気品あるルックもかなり素敵だった。

 

《MFW漏れ》ERMANNO SCERVINO エルマンノ シェルヴィーノ

き私のチェックがPFWとかぶってしまったエルマンノ シェルヴィーノのコレクションも素晴らしかったので、PFWと一緒にしてしまうが一緒にレポートしていきたいと思う。

2017/2018秋冬のエルマンノ シェルヴィーノはいつものフェミニンスタイルは登場しつつも、そこにカジュアルなガチャベルトやサイドラインパンツ、ミリタリージャケット、カーキのワークパンツなどを加えて今っぽくストリートシックに仕上がっていた。
でも決してエルマンノ シャルヴィーノのエレガントさを忘れてはいない。ピンクのチュールのドレスやアシンメトリーになったドレスルックが合間合間に登場して、より優雅なコレクションが完成していた。
特に気に入ったのが、どんなエレガントなドレスにもワークジャケットのスタイルにもブラックレザーのフラットのロングブーツを合わせていて、ゴージャスなルックの中にもさりげなくストリートシックなムードがプラスされていた。私も今度チュールを履くときは、ブラックレザーのブーツを合わせようっと!
とにかくリアルにカッコよくこんな着こなしをしてみたい…と、終始妄想を抱きながら見れるほど、クールなコレクションだった。

 

まだまだ続くPFW!随時、レポートを更新します!

PFWもまだまだ序盤。注目のブランドがいっぱい残っている。
随時、私なりに心に残ったショーのレポートを更新していくので、チェックしてみてください!

 - COLLECTION